PR

ライフ ライフ

野口さん搭乗の宇宙船が帰還

野口聡一さんらを乗せて地球に帰還する米新型宇宙船クルードラゴン=日本時間2日午後(NASAテレビから)
野口聡一さんらを乗せて地球に帰還する米新型宇宙船クルードラゴン=日本時間2日午後(NASAテレビから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 国際宇宙ステーション(ISS)に約半年間滞在した野口聡一さん(56)を乗せた米スペースX社の新型宇宙船クルードラゴンが日本時間2日午後4時ごろ、米フロリダ沖に着水して帰還した。クルードラゴンの運用段階での帰還は初めて。

 クルードラゴンは午前9時35分にISSを離脱。貨物室を切り離した後、帰還カプセルのエンジンを噴射して地球を回る軌道から離れ、大気圏に突入し、パラシュートを開いて海上に降りた。

 カプセルは回収船に引き揚げられ、ハッチを開いて野口さんら4人の飛行士が搬出される。

 野口さんは3回目のISS滞在で、累計滞在日数は日本人最長の335日。宇宙滞在は累計344日で、若田光一さん(57)の同347日に次ぐ日本人2番目の長さとなった。

 野口さんは昨年11月、クルードラゴンの運用初号機でISSに到着。日本実験棟「きぼう」での科学実験や船外活動などの任務をこなした。船外活動は過去3回との合計で27時間1分に及び、日本人最長を更新した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ