PR

ライフ ライフ

野口聡一さん、クルードラゴンで国際宇宙ステーションを離脱

国際宇宙ステーション(ISS)を離れる米新型宇宙船クルードラゴン=2日(NASAテレビから)
国際宇宙ステーション(ISS)を離れる米新型宇宙船クルードラゴン=2日(NASAテレビから)

 宇宙飛行士の野口聡一さん(56)が日本時間2日午前9時35分ごろ、米スペースX社の新型宇宙船クルードラゴンで国際宇宙ステーション(ISS)を離れた。午後3時57分ごろ米フロリダ沖のメキシコ湾に着水し、約半年ぶりに地球に帰還する見込みだ。

 計画では地球を周回しながら徐々に高度を下げ、帰還カプセルで大気圏に突入。パラシュートを開いて降下し、着水した後、カプセルを船に引き揚げる。

 クルードラゴンの帰還は運用段階では初めてとなる。米国は2011年にスペースシャトルを廃止して有人宇宙船を失ったが、クルードラゴンで9年ぶりに有人飛行を再開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ