PR

ライフ ライフ

野口聡一さん、宇宙長期滞在を終了 クルードラゴンで帰還へ

星出彰彦さん(左)と別れの挨拶をする野口聡一さん =2日(NASAテレビから)
星出彰彦さん(左)と別れの挨拶をする野口聡一さん =2日(NASAテレビから)

 宇宙飛行士の野口聡一さん(56)が日本時間2日午前7時25分ごろ、約半年間に及んだ国際宇宙ステーション(ISS)での滞在を終了し、米新型宇宙船クルードラゴンに乗り込んだ。同乗の米航空宇宙局(NASA)の飛行士3人とともに午後3時57分ごろ米フロリダ沖のメキシコ湾に着水して帰還する予定。

 野口さんはISS船長の星出(ほしで)彰彦さん(52)に宇宙服の着付けを手伝ってもらい、2人で抱き合って別れを惜しんだ後、ISSを退室。係留中のクルードラゴンに乗り込んだ。

 計画では午前9時35分にISSを離脱する。地球を周回しながら徐々に高度を下げ、帰還カプセルで大気圏に突入。パラシュートを開いて降下し、海上に着水する。

 3回目の宇宙飛行となった野口さんは昨年11月、日本人で初めてクルードラゴンに搭乗しISSに到着。日本実験棟「きぼう」で多くの科学実験を行ったほか、米国の物資補給船のドッキング作業や約7時間に及んだ船外活動などの任務をこなした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ