PR

ライフ ライフ

大阪の入院待機所 2カ所目を新設 36時間超の事例も

 大阪府は30日、新型コロナウイルスに感染後、自宅療養中に容体が悪化した患者が一時待機する「入院患者待機ステーション」の2カ所目の施設を大阪市内で開設し、患者の受け入れを始めた。今後、市内外での増設も検討する。

 施設は、病状が急変した患者の搬送先が決まらず救急車内で数時間待機する状況を回避し、コロナ以外の患者の救急搬送を円滑にすることが狙い。

 施設の病床は計8床。酸素吸入装置のほか、血中酸素飽和度や脈拍を測るモニターを各病床に設置し、救急車と同等の対応環境を整えた。救急救命士や府職員に加えて、医師1人も常駐する予定。

 府が4月22日に開いた大阪市内1カ所目の施設(10床)では、30日午前8時までに55人を受け入れた。医療機関に搬送するまでの待機時間は平均12時間2分で、最大36時間を超えた例もあったが、待機中に亡くなった患者はいなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ