PR

ライフ ライフ

学術会議の在り方を議論 5月から政府懇談会で

井上信治科学技術担当相=4月30日午前、首相官邸(春名中撮影)
井上信治科学技術担当相=4月30日午前、首相官邸(春名中撮影)

 井上信治科学技術担当相は30日の記者会見で、日本学術会議(梶田隆章会長)の在り方見直しをめぐり、政府の総合科学技術・イノベーション会議の有識者議員懇談会で議論を始めると発表した。井上氏は「科学技術をめぐる社会情勢が変わり、新しい課題がある中での検討は大切だ」と述べた。

 政府は5月に懇談会の第1回会合を開き、梶田氏からヒアリングする方針。梶田氏は懇談会メンバーだが、2回目以降の議論に参加するかどうかは未定。

 学術会議の在り方見直しをめぐっては、学術会議は4月下旬の総会で国の特別な機関である今の組織形態が役割を果たすのにふさわしく「変更する積極的な理由を見いだすことは困難」との報告書をまとめた。

 一方で、自民党のプロジェクトチームは独立した法人格をもつ新組織に移行すべきだと主張している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ