PR

ライフ ライフ

群馬 新型コロナ 1人死亡70人感染、変異株は7人 高崎、前橋でクラスター

 群馬県は29日、新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた80代の女性が死亡したと発表した。県内の死者数は104人となった。感染力が強いとされる変異株「N501Y」の感染は新たに7人確認され、県内の累計確認数は98人になった。

 県などによると同日、新たに70人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。管轄別は県35人(保健所管轄別=伊勢崎16人、利根沼田、太田各5人、富岡4人、渋川2人、安中、藤岡、桐生各1人)、前橋市11人、高崎市24人で、累計は5937人。

 クラスター(感染者集団)関連では、高崎市の部品メーカー「関工業」で20~50代の従業員10人の感染が28~29日に確認された。同市内のスナック「シーザスパレス」で従業員、利用客各1人の陽性が判明し、計14人に増えた。同市内の鉄筋工事を手がける「サンジョウ」でも1人増え、計7人になった。

 前橋市の事業所でも、26~29日に20~50代の従業員の感染が確認されたほか、同市内の飲食店でも、従業員3人、利用客2人の陽性が判明。このほか、藤岡市の高齢者施設では、新たに職員1人の陽性が確認され、計19人に増えた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ