PR

ライフ ライフ

「世界水準」目指し重点地域に 知床・日光など5国立公園

内閣府や厚労省、環境所などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)
内閣府や厚労省、環境所などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)

 環境、農林水産両省は28日、全国に34ある国立公園のうち、世界水準の自然保護と利用の両立を目指す重点地域として、知床(北海道)など5カ所を選んだと発表した。新型コロナウイルス感染収束後の訪日外国人客の誘致に向け、国際的な知名度向上を狙う。

 他の重点地域は、日光(福島、栃木、群馬)、中部山岳(新潟、富山、長野、岐阜)、屋久島(鹿児島)、西表石垣(沖縄)。

 重点地域に次ぐモデル地域として大山隠岐(鳥取、島根、岡山)など11カ所も選定。重点、モデル両地域とも、ガイドが同行しないと入れない区域を設け、人数限定で開放するツアーや、保全の原資とする「入域料」導入の検討などを進める。

 小泉進次郎環境相は記者会見で「将来的に世界トップ25の国立公園に入れるよう、優れた自然の保護と利用の両立を両省で進めたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ