PR

ライフ ライフ

「新関西将棋会館」JR高槻駅前に移転 日本将棋連盟と高槻市が覚書

関西将棋会館移転へ覚書を交わした大阪府高槻市の浜田剛史市長(左)と日本将棋連盟の佐藤康光会長=28日午後、大阪市福島区
関西将棋会館移転へ覚書を交わした大阪府高槻市の浜田剛史市長(左)と日本将棋連盟の佐藤康光会長=28日午後、大阪市福島区

 関西将棋会館(大阪市福島区)の老朽化のため、大阪府高槻市へ移転を計画している日本将棋連盟は28日、高槻市と移転のための覚書を交わした。新会館はJR高槻駅前にある市営バスの「JR高槻西滞留所」を建設候補地とし、令和5年度内の完成を目指す。

 昭和56年に完成した現会館は老朽化が進み、日本将棋連盟が対策を検討していたところ、将棋での文化振興を目指す高槻市が市内への移転を提案。連盟は2月に臨時棋士総会で同市への移転を決めた。

 同市は、新会館の土地や建物の固定資産税などを免除するほか、会館建設費用のため、ふるさと納税制度を活用した寄付募集に協力するなどの支援をするという。

 この日、関西将棋会館で覚書の調印式が行われ、高槻市の浜田剛史市長は「世界に誇る将棋文化の振興に市が関われるのは光栄。最大限の支援をしたい」。連盟の佐藤康光会長は「大変ありがたい。移転のあかつきには関西の将棋文化の発信地としたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ