PR

ライフ ライフ

和歌山・田辺の3偉人キャンペーン本格化 看板設置など

和歌山県田辺市内の5カ所に設置された3偉人の看板
和歌山県田辺市内の5カ所に設置された3偉人の看板
その他の写真を見る(1/2枚)

 和歌山県田辺市ゆかりの3偉人を前面に出した観光キャンペーンが本格化している。世界的な博物学者の南方熊楠(1867~1941年)、合気道開祖の植芝盛平(1883~1969年)、源義経に仕えたとされる平安末期の僧兵、武蔵坊弁慶で、市内5カ所に看板を設置したほか、ゆかりの地を訪れるとオリジナルグッズがもらえるなど特典つきのスタンプラリーを始めた。

(張英壽)

 キャンペーンは、3偉人ゆかり地を巡ることで観光振興を図るのがねらいで、市と田辺観光協会が取り組む事業。

 昨年10月に3人の足跡を紹介したパンフレット3千部を作製し、その後1万5千部を追加印刷。JR紀伊田辺駅や駅前の市観光センター、南方熊楠顕彰館、武道館などに置いた。

 また市内5カ所の路上には、南方、植芝2人の顔写真と、紀伊田辺駅前にある弁慶の銅像写真を入れた看板を設置。3人の歩みを紹介した簡単な文章も添えられている。武道館内にある植芝盛平記念館と、南方熊楠顕彰館、弁慶の父が鶏を戦わせて神意を占ったとされる闘鶏神社の3カ所までの距離や方向を示している。

 今月からはこの3カ所など3偉人ゆかりの地を巡るスタンプラリーを開始し、来年2月末まで行う。スタンプを押す冊子を3万部発行して市内の協力店や紀伊田辺駅など主要スポットに配備し、協力店で冊子を持参して飲食などをすれば特典サービスが受けられる。一定の数のスタンプと協力店のレシートを集めると、オリジナルグッズなどもプレンゼントされる。

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、市内観光は厳しい状況にあるが、市観光振興課の担当者は「3偉人は田辺の魅力の一つ。感染症対策に気をつけながら、ゆかりの地を巡ってほしい」と話している。

 問い合わせは市観光振興課内の田辺観光協会(0739・26・9929)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ