PR

ライフ ライフ

「血栓」報告のジョンソン&ジョンソン製ワクチン 接種再開へ

米ニューヨークで用意されたジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチン=8日(AP)
米ニューヨークで用意されたジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチン=8日(AP)

 【ワシントン=住井亨介】米食品医薬品局(FDA)と疾病対策センター(CDC)は23日、接種後に血栓が生じる症例が報告されたため米国で使用が一時中止されているジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種再開を認めた。接種による利点がリスクを上回るとして、同日開かれたCDCの諮問委員会が使用再開を勧告したのを受けた措置。

 CDCが23日に公表した資料によると、21日までに同社製ワクチンを798万人が接種し、血小板の減少を伴う血栓が15人にあらわれた。いずれも女性で、このうち3人が死亡した。

 FDAとCDCは声明で、「血栓が生じる可能性は非常に低いが、リスクについて注意深く調査を続けていく」とした。

 諮問委員会の協議では、18歳以上を対象に接種を継続することを賛成多数で決定。賛成10人、反対4人だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ