PR

ライフ ライフ

バイデン米大統領、「気候危機」と警告 サミット閉幕演説

オンラインで開かれた気候変動サミットで演説するバイデン米大統領=23日、ワシントン(UPI=共同)
オンラインで開かれた気候変動サミットで演説するバイデン米大統領=23日、ワシントン(UPI=共同)

 バイデン米大統領は23日、気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)閉幕の演説で、地球温暖化が進行する現状を「気候危機」だと警告し、各国に「手遅れとなる前に」協力して早急な対策を講じるよう求めた。同時にクリーンエネルギー社会実現に向けた「好機」だとも強調。社会構造の転換や技術革新で米国が世界を主導する決意を表明した。

 バイデン氏は演説で、地球温暖化を産業革命前比で1・5度に抑えられなければ「取り返しのつかない地点に達しかねない」と警告。この問題は「存亡に関わる脅威であり、このような脅威はほかにない」と危機感を示した。

 その上で「行動を伴わない約束は単なる空手形だ」と語り、11月の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向けて各国に具体的な努力を要請した。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ