PR

ライフ ライフ

奈良市が時短要請 飲食店に協力支援金

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、奈良市は23日、市内の全ての飲食店に対し、今月25日から5月11日まで、午後8時までの営業時間短縮を要請した。要請に協力した店舗には、1日あたり1万~3万円の協力支援金を支給する。

 支援金の支払いは、感染拡大防止に取り組む飲食店に市が発行する「感染拡大防止宣言ステッカー」の取得が要件。支給額は、令和元年度の売上高が3千万円までの店舗が1日1万円、3千万円~1億円が同2万円、1億円超が同3万円となる。

 申し込みは、奈良市ホームページに設置する申請フォームから。5月12日~6月11日まで受け付ける。

 財源は国の臨時交付金を活用する方針。

 市によると、市内約3200の飲食店のうち約1400店が午後8時以降も営業しているとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ