PR

ライフ ライフ

奈良にも緊急事態宣言要請を 県内3首長が県に要望書

要望書を提出後、会見する奈良県の並河健・天理市長=奈良県天理市
要望書を提出後、会見する奈良県の並河健・天理市長=奈良県天理市

 奈良県で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないとして、県内の3首長が23日、荒井正吾知事に対し、政府に緊急事態宣言の発令を要請するよう要望書を提出したと発表した。いずれもゴールデンウイーク(GW)を前に人の往来による感染拡大を懸念、より強い防止策を講じる必要性を指摘している。

 23日、県庁を訪れて要望書を提出した同県天理市の並河健市長は、「県内の感染状況は兵庫県と大差なく、京都府よりも深刻だ。『(感染は)大阪由来ばかりで県内なら安心』という認識を持ったままでは、行動変容を促せない」と危機感をあらわにした。

 GWを控え、近隣府県との対策に差異が大きければ、奈良に人が流入するとし「京阪神と足並みをそろえた対策をとっていく点で、今が一番重要なタイミングだ」と述べた。

 奈良市の仲川げん市長は22日、同県生駒市の小紫雅史市長も23日、同様に宣言発令を要請するよう県に求めた。

 一方、荒井知事は21日の記者会見で、緊急事態宣言の発令や「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の適用要請については、慎重な姿勢を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ