PR

ライフ ライフ

宮城県内でモニタリング検査のキット配布始まる 

新型コロナウイルス感染症のモニタリング検査の協力者に、スタッフが検査キットなどについて説明した=23日、仙台市(石崎慶一撮影)
新型コロナウイルス感染症のモニタリング検査の協力者に、スタッフが検査キットなどについて説明した=23日、仙台市(石崎慶一撮影)

 新型コロナウイルスの感染再拡大の兆候を早期に探知するため、無症状者に幅広くPCR検査を行う「モニタリング検査」の検査キット配布が23日、宮城県内で始まった。

 仙台市中心部では専用スペースが設置され、スタッフが検体の採取などについて検査協力者に説明した後、キットを配布した。検体は民間検査事業者に郵送し、スマートフォンを通じて結果が本人に通知される。25日まで、1日当たり250キットを配布する予定。キットを受け取った同市青葉区の主婦(65)は「検査は早く広く行うことが必要だ」と話していた。

 モニタリング検査は、緊急事態宣言が解除された地域などで実施。検査に協力する県疾病・感染症対策課は「早期に患者の動向を把握して蔓延防止につなげるのが目的。検査に協力いただきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ