PR

ライフ ライフ

宮城知事「妥当」 蔓延防止等重点措置の延長受け

新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延防止等重点措置」の期限延長を受け、所感を述べる宮城県の村井嘉浩知事=23日、県庁(石崎慶一撮影)
新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延防止等重点措置」の期限延長を受け、所感を述べる宮城県の村井嘉浩知事=23日、県庁(石崎慶一撮影)

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の期限が5月5日から同11日に延長されることが決定したことを受け、宮城県の村井嘉浩知事は23日、「妥当な考え方だ」と理解を示した。

 村井知事は、東京都が25日~5月11日の期間で緊急事態宣言が発令されることを挙げ「宮城(の重点措置)が5月5日で終わりとなれば、これ以降、関東圏から宮城に人が流れることが考えられる。(都と)足並みをそろえるというのも一つの考え方」と述べた。

 重点措置対象の仙台市以外の自治体についても、酒類を提供する飲食店などに営業時間の短縮を要請しているが、村井知事は「仙台市以外をどうするか、対策本部会議で早めに意思決定したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ