PR

ライフ ライフ

小泉環境相「ジャパン・イズ・バック」 首相の温室効果ガス46%削減表明に

地球温暖化対策推進本部の会合で、2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する方針を表明した菅首相。右は小泉環境相=22日午後、首相官邸
地球温暖化対策推進本部の会合で、2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する方針を表明した菅首相。右は小泉環境相=22日午後、首相官邸

 小泉進次郎環境相は22日夜、菅義偉(すが・よしひで)首相が2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%減とすると表明したことについて、「(環境先進国として)『ジャパン・イズ・バック』とのメッセージを国際社会に発信することができる」と歓迎した。都内で記者団に語った。

 小泉氏は「日本は自らの可能性と限界を自らが決めつけることなく、挑戦し続ける国であることを示すことが、この目標の最も大事なことだった」と語った。

 46%減は現行の26%減(同年度比)を20ポイントも引き上げた。その根拠については「これから最終的なプロセスを踏んでいく話だ。まずは再生可能エネルギーをしっかりやる」と述べるにとどめた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ