PR

ライフ ライフ

酒類提供自粛、北西部5市と周辺で調整 千葉知事

新たなコロナ対策について説明する熊谷俊人・千葉県知事=22日、県庁(小野晋史撮影)
新たなコロナ対策について説明する熊谷俊人・千葉県知事=22日、県庁(小野晋史撮影)

 千葉県の熊谷俊人知事は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都で緊急事態宣言が再発令された場合、県内の一部自治体で飲食店に酒類提供の終日自粛といった強い措置を求める考えを示した。期間はゴールデンウイークを中心とし、蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用された県北西部(東葛地域)の5市に周辺自治体を加える方向で調整を急ぐ。

 記者団の取材に応じた熊谷知事は、「東京で酒類の提供が自粛されると(酒類を提供する)県との差は相当大きくなる。ゴールデンウイークで東京から多くの方が入ってくると、感染拡大の恐れがある」と強調。

 休日で人の移動が増えることを念頭に、医療提供体制や東京との往来状況などをふまえ、東京に近い5市以外にも範囲を広げて自粛を求めるとした。

 熊谷知事は「酒を飲む場面はリスクが高い。これだけ強い措置なので一定の効果が期待できる」と指摘。実現には国による制度改正が必要で、22日夕方に神奈川、埼玉両県知事との連名で要望書を国に送った。

 飲食店をはじめとした事業者への影響について熊谷知事は「大変大きい」と認め、「感染が拡大すれば飲食店がより長く強い措置にさらされる。今の段階で集中的な処置を取ることは最終的にはプラスになる」と理解を求めた。

 要望書には、国の財源で事業者に協力金を支払うことも盛り込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ