PR

ライフ ライフ

埼玉知事、酒類提供自粛に言及 「東京から埼玉に来てしまう」と懸念

 まん延防止等重点措置の適用要請を決め、記者団の取材に答える埼玉県の大野元裕知事=15日午後、埼玉県庁
 まん延防止等重点措置の適用要請を決め、記者団の取材に答える埼玉県の大野元裕知事=15日午後、埼玉県庁

 埼玉県の大野元裕知事は22日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図る蔓延(まんえん)防止等重点措置をめぐり、対象地域の飲食店への酒類提供の自粛要請の必要性に言及した。東京都に緊急事態宣言が発令され、酒類提供が禁止された場合を想定し「東京と措置に差がつくと、人が埼玉県に来てしまう」と述べた。

 大野知事はこの日、重点措置のもとで酒類提供自粛などを要請できるようにする制度改正を政府に求めることで神奈川、千葉両県の知事と合意した。

 大野知事は会見で、重点措置の対応を強化する場合には、現在さいたま、川口両市となっている対象地域を拡大する考えも示した。

 埼玉県としての緊急事態宣言の要請については、感染状況が「現時点で緊急事態宣言に至るようなものではない」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ