PR

ライフ ライフ

【動画】マスク姿消えた英ロンドン 感染激減の裏にワクチン接種作戦

ロンドン中心部の飲食街でマスクをつけずに店の前で並ぶ市民=17日(板東和正撮影)
ロンドン中心部の飲食街でマスクをつけずに店の前で並ぶ市民=17日(板東和正撮影)

 新型コロナウイルスのワクチン接種で先行する英国やイスラエルで、感染者数が大幅に減少している。英国は欧州連合(EU)に縛られずワクチンの調達や承認を独自に進め、昨年12月から日米欧に先駆けて使用を開始した。医療資格のないボランティアに研修を経て注射を任せる措置をとるまでして接種を進めた英国の取り組みは、日本など感染抑制に苦しむ各国にも参考になる。(ロンドン 板東和正)

■街から消えたマスク

 「マスクをつけた人がほとんどいない…」

 英首都ロンドン中心部の飲食街でパブ経営者の男性(59)は17日昼、目の前の光景に驚いた。

 この日は感染者数の減少によりパブやレストランの屋外営業が12日に再開してから最初の週末。マスクを外した市民が談笑したり、店外のテーブルで食事をしたりする姿が目立った。感染力の高い変異株が拡大した昨年12月~今年1月は大半の市民がマスクをして歩いていただけに「数カ月でロンドンの光景は一変した」(英感染症専門家)との声が上がる。

 感染者減少の背景には、英政府が1月からイングランド全域で実施した都市封鎖(ロックダウン)や国を挙げた迅速なワクチン接種があるとみられる。新型コロナウイルスの感染者数や死者数の激減や約5割近くのワクチン接種率で国民の安心感も広がっている。

 ジョンソン英首相は今月13日、「接種が感染者の減少に貢献している」と述べた。

 英国は今月、50歳以上への1回目の接種を完了。英政府が米製薬大手ファイザー製ワクチンを1回接種すると感染リスクを7割以上低くできるとの研究結果を公表するなど、効果も証明されている。1月上旬に5万人を超えた1日当たりの感染者数は4月20日には約2500人に減った。1月下旬に千人以上だった死者数も同日、約30人となった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ