PR

ライフ ライフ

兵庫県が緊急事態宣言発令を要請

兵庫県庁(左から)1号館、2号館、3号館=神戸市中央区(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)
兵庫県庁(左から)1号館、2号館、3号館=神戸市中央区(本社ヘリから、渡辺恭晃撮影)

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、兵庫県は21日、政府に緊急事態宣言の発令を要請した。井戸敏三知事は同日会見し、感染に歯止めをかけるための有力な手段として、飲食店での酒類提供の禁止を求める考えも示した。適用地域や期間など具体的な内容は23日に県の対策本部会議を開いて決めるとしている。

 同県は5日から、神戸市などで蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用されたものの、この日は過去最多となる563人の新規感染者を確認。井戸知事は「減少する兆しがみえない。もう一段高い対応を迫られている」として21日に開いた対策本部会議で宣言要請を決め、政府に伝えた。

 今後、国が検討中の対処方針を踏まえて同県としても具体的な対策を決めるとし、宣言の期間については「1カ月程度が効果が生じる期間になるのでは」と言及、交流圏の大阪府とも足並みをそろえ、内容を詰めるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ