PR

ライフ ライフ

オンラインとプリント学習を併用 大阪市立小中、緊急宣言で

大阪市役所
大阪市役所

 大阪市教育委員会は21日、緊急事態宣言発令時の市立小中学校への対応について、自宅でのオンライン学習と学校でプリントを使った学習を組み合わせて行う方針案を明らかにした。休校とはせず、学校での給食も実施する。近く開く市の新型コロナウイルス対策本部会議で正式決定する。

 市教委によると、小学校では、1~2時限は自宅に持ち帰った学習用端末で市教委や学校が用意した動画を視聴する。その後は登校し、教室で教員立ち合いの下で学習内容の定着を測るプリント学習を実施。給食後に帰宅し、再び家庭でオンライン学習を行う。

 中学校は午前中は家庭でオンライン学習とし、登校して給食後、教室でプリント学習を行う。小中とも、家庭でのオンライン学習は授業時間に算入しない。

 また、家庭でのオンライン学習の時間に保護者が仕事などでいない場合は学校で児童生徒を預かるほか、コロナ禍で登校に不安がある場合は終日、自宅でオンライン学習のみとする。

 松井一郎市長は記者団の取材に、「子供たちの学ぶ権利を確保した上で、オンラインを活用してあらゆるニーズに対応していく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ