PR

ライフ ライフ

緊急事態宣言発令、首相「速やかに判断」 五輪への影響は「ない」

大阪府などへの緊急事態宣言発出について記者団の取材に応じる菅義偉首相=20日午後、首相官邸(春名中撮影)
大阪府などへの緊急事態宣言発出について記者団の取材に応じる菅義偉首相=20日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は20日夜、新型コロナウイルスの感染が拡大している大阪府を対象にした特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令について「状況を精査し、対策の中身も検討し、速やかに判断したい。東京都、兵庫県については(宣言発令の)要請を考えているとうかがっている。いずれにせよ状況を踏まえて判断したい」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

 大阪府の吉村洋文知事が宣言が発令された場合は府内の大規模な遊興施設や商業施設に休業要請する方針を示していることに関しては「いろいろな要望があるので、状況を判断し、検討しながら判断していきたい」と述べるにとどめた。

 宣言が再び発令された場合の東京五輪・パラリンピックに与える影響を問われると「ない。ただ、安全・安心の大会になるように政府として全力で作り上げていきたい」と述べた。衆院解散・総選挙に与える影響に関しては「私がいつも申し上げている通りだ」とのみ語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ