PR

ライフ ライフ

群馬県公式アプリ「G-WALK+」 生活習慣病対策で、ポイント付与

 群馬県は、県民の健康寿命延伸を図るため、県公式のスマートフォンアプリ「G-WALK+(ジーウォークプラス)」を使った「ぐんま健康ポイント制度」の試験稼働を始めた。スマホで歩数を自動記録するなどして県民の健康へのモチベーションを高め、生活習慣病対策などに役立てる。

 県によると、同制度を通じて生活習慣病への関心が薄い若者や働き盛りの世代の健康づくりをサポートする。群馬は全国に比べ心筋梗塞や脳出血、脳梗塞など生活習慣病の死亡率が高い傾向にあるという。

 具体的には、利用者はアプリで食事や運動、血圧の数値など日々のデータを記録。バーチャルウォーキングコースも用意し、生活習慣に積極的な歩行を取り入れてもらうよう促していく。

 利用者の取り組みに対しポイントを付与し、一定程度貯まると特典と交換できるインセンティブ(動機付け)を与える。特典は民間企業と連携して提供する。

 また、アプリを通じて得られた運動記録や検診結果などのビッグデータを解析。今後の保健事業に生かす計画もある。

 県は6月からの本格稼働に向け運用検証を急ぐ。令和5年度に約12万人のユーザー獲得を目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ