PR

ライフ ライフ

滋賀県が大阪府の重症者受け入れへ

記者会見する滋賀県の三日月大造知事=19日、大津市
記者会見する滋賀県の三日月大造知事=19日、大津市

 滋賀県は19日、新型コロナウイルスの感染拡大で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している大阪府の重症者を県内の1病院で受け入れると発表した。看護師2人の派遣も行う。大阪府から支援の要請を受けていた。県庁で同日記者会見した三日月大造(みかづきたいぞう)知事は「(県内も)厳しい状況だが、命を守ることにともに力を尽くしたい」と述べ、重症患者の搬送方法や受け入れ人数などの調整を急ぐ考えを明らかにした。

 看護師は大阪市住吉区の大阪コロナ重症センターで重症者のケアにあたるといい、今後、派遣日程などの詳細を詰める。

 県は16日に大阪府から打診を受け、県病院協会を通じて県内の病院に対応の可否を問い合わせていた。

 三日月知事は「平常時に大阪の高度医療でお世話になる県民もいる。県内も厳しいが、より厳しい状況下で命の危険にさらされている人がいる」と説明。ただ、「(県内が)厳しい状況になって現場が回らなければ当然、要請のあった大阪府とやり取りをしなければならない」とも述べ、県内の医療提供体制が逼迫した場合は協力を取りやめる可能性も示唆した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ