PR

ライフ ライフ

兵庫県が重点措置に明石市など6市町を追加へ

 兵庫県は15日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて対策本部会議を開き、新型コロナ特措法に基づく「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の適用地域に、明石市など6市町を追加することを決めた。期間は22日から5月5日まで。

 新たに重点措置の対象となるのは他に伊丹、宝塚、川西、三田の各市と猪名川町の阪神北エリア。先行地域と同様に飲食店の営業時間を1時間繰り上げ、午後8時までとする。時短の対象店舗は約3千店増え、県内全体で計1万9千店舗となる。

 同県によると、この日の新規感染者は過去2番目に多い493人。1週間平均の患者数では前日を上回る348・6人と、過去最多を更新した。

 兵庫県内では、神戸市と尼崎、西宮、芦屋の阪神間3市がすでに重点措置の適用を受けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ