PR

ライフ ライフ

東京・三鷹駅で“南北問題” 蔓延防止区域で「仕方ない」「不公平」

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う蔓延(まんえん)防止等重点措置をめぐり、対象区域の線引きの難しさが浮き彫りとなっている。東京都では区部と立川市や調布市など6市が対象となったが、対象の武蔵野市と対象外の三鷹市は、JR三鷹駅を境に南北で分かれ、対象外の南側では人出が目立った。今回の措置に飲食店からは「仕方がない」と理解を示す見方がある一方、「不公平」「三鷹市で感染が広がる」といった懸念の声も聞かれた。(橘川玲奈)

 三鷹駅は杉並区や世田谷区と接する三鷹市の北端に位置する。都心に向かうJR総武線の始発駅で、近年は住宅関連会社などが実施する「住みたい街」に関する調査で上位に食い込む人気のエリアだ。北口側が吉祥寺などの繁華街を抱える武蔵野市、南口側が三鷹市となっている。

 12日に都内で適用された蔓延防止等重点措置に伴う飲食店の時短要請で、北口の飲食店の閉店時間は午後8時に繰り上げられた一方、南口は9時にとどまった。

 北口は大手居酒屋チェーンや牛丼チェーンの本社があり、関連店舗や個人経営の飲食店が軒を連ねる。南口もチェーンを中心に駅前の通りに飲食店が並ぶ。

 北口側のラストオーダーは午後7時。13日午後6時半すぎ、駅近くの焼き肉店や居酒屋では空席が目立った。スペインバル「ムサシノバル」もその一つ。店長の清水亮太郎さん(32)は「午後9時が閉店だった頃と比べ、人の入りは少ない。予約の取り消しが今日だけで3件。予約時間を早める人もいた」と打ち明ける。駅の南北で対応が分かれたことについては「公平じゃない感じもするが、コロナが早く収まるなら応援したい」と理解を示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ