PR

ライフ ライフ

「東京も早晩大阪のように」 尾身会長が感染拡大に危機感

記者会見で説明する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=15日午後、東京都千代田区
記者会見で説明する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=15日午後、東京都千代田区
その他の写真を見る(1/2枚)

 政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は15日の記者会見で、感染が急拡大している大阪府について、蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用後は夜間の人流が減少傾向にあるとして、いずれ新規感染者数が減る可能性があるとの見方を示した。一方、東京都では適用後も人流があまり減っておらず「早晩、大阪のようになる可能性がある」と述べ、危機感を示した。

 全国の感染状況については「第4波が起きている所と起きていない所があり、二極化している」と指摘。感染が再拡大している地域では、飲食店以外にも学校や職場などさまざまな場所が感染源となり、感染が広がりやすくなっていると説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ