PR

ライフ ライフ

放射性物質トリチウムの“ゆるキャラ”化「趣旨、承知せず」 官房長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水に含まれる放射性物質トリチウムの安全性を訴えるとして、復興庁が「ゆるキャラ」のようなかわいらしいキャラクターを作成したことに関し「趣旨やどういう使われ方をしているか承知していないので、一概に申し上げることはできない」と述べた。

 復興庁は13日、処理水の安全性をPRするためのチラシを発表し、トリチウムを「ゆるキャラ」のように描いている。漁業関係者は風評被害への懸念から海洋放出に反対しており、関係者の思いを逆なでするとの指摘もあるが、加藤氏は「国民や地域の皆さんがいろいろな思いを持たれていることもしっかり受けとめながら取り組んでいきたい」とも語った。

 また、科学的根拠に基づく客観的な情報発信の重要性を挙げ「放射線というテーマは専門性が高くわかりづらい。できるだけ多くの国民に関心を持っていただき、科学的根拠に基づく正しい情報を知っていただくことが大事だ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ