PR

ライフ ライフ

大阪市もワクチン接種開始 対象約70万人、高齢者施設から

新型コロナのワクチン接種を受ける入所者=14日午前、大阪市浪速区(鳥越瑞絵撮影)
新型コロナのワクチン接種を受ける入所者=14日午前、大阪市浪速区(鳥越瑞絵撮影)

 新型コロナウイルスの65歳以上の高齢者に対する優先接種が14日、大阪市でも始まった。市内の対象者は約70万人で、クラスター(感染者集団)を防ぐため、高齢者施設の入所者から優先的に接種する。

 この日は市内3カ所の介護老人保健施設で接種を実施。同市浪速区の「さくらがわ」では入所者約100人のうち約90人が接種を希望し、初日は施設内の会場や個室で10人が施設スタッフに介助される中、医師が手早く接種を進めた。

 コロナ禍により、同施設でも入所者と家族の面会は制限が続いている。接種を受けた吉田民子さん(87)は「ワクチンを打てて安心した。家族とは距離を取って手を振ったりするだけなので、また家族と会えたら」と話した。

 市は5月24日以降、高齢者の集団接種を始める予定という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ