PR

ライフ ライフ

「都道府県間の移動自粛を」 菅首相発言要旨

3都府県への蔓延防止等重点措置の適用決定を受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=9日午後、首相官邸(春名中撮影)
3都府県への蔓延防止等重点措置の適用決定を受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=9日午後、首相官邸(春名中撮影)

 東京など3都府県に新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延(まんえん)防止等重点措置」を適用したことについて、菅義偉(すが・よしひで))首相が9日、官邸で記者団に語った発言要旨は以下の通り。

 東京都、京都府、沖縄県は新規感染者数が増加し、病院提供体制の逼迫が懸念されることから、専門家に相談した上で蔓延防止重点措置の実施を決定した。飲食店の午後8時(まで)の営業時間短縮、罰則の適用、全ての飲食店の見回りなど、集中的な対策を講じることで緊急事態宣言に至らないよう感染防止に努めていきたい。

 (変異株が流行しているが)基本的な感染防止対策は変わりない。マスク、手洗い、「3密」の回避。さらに今回、不要不急の都道府県間の移動について自粛をお願いした。警戒感を持って対応していきたい。

 (重点措置を適用した)場所は(適用期間に)連休が入っている。そういう中で、不要不急の移動は極力避けていただきたい。重点措置によって(飲食店などへの)徹底した見回りも大事だと思う。同時に罰則のある措置なので、ぜひ協力いただくようお願いしていきたい。

 埼玉、神奈川、千葉の3県は、(それぞれの)知事と状況を相談しながら、今回は重点措置は控えた。

 今回は宣言に至らないように、罰則の適用もできる重点措置を講じた。徹底して警戒しながら、対策を打っていきたい。新規感染者が増え始めた場所や病院の提供状況を踏まえ、先手先手と対策を行っていきたい。

 いよいよ12日から都道府県で高齢者の皆さんに(ワクチンの)接種が始まる。地元の知事から、接種を段階的に進めてほしいとも言われている。ワクチンは非常に大きな効果があるので、一日も早く多くの皆さまに接種できるよう取り組みたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ