PR

ライフ ライフ

河野氏、6月までの高齢者ワクチン必要量確保 4500万回分

閣議に臨む河野太郎行政改革担当相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む河野太郎行政改革担当相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)

 河野太郎ワクチン担当相は9日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンに関し、6月の1カ月間で米製薬大手ファイザー製ワクチンが最大約4500万回分、国内に届くとの見通しを示した。5月末までの最大計約6千万回分と合わせて、すでに接種が進んでいる医療従事者約480万人と高齢者3600万人に2回接種する数量が確保できることになる。高齢者に続く基礎疾患のある人への接種分も「一部カバーできる」とした。

 ファイザー製ワクチンをめぐっては、欧州連合(EU)から日本向け輸出の承認を受けることを前提に、5月は最大約4300万回分が到着する予定。河野氏は5月中旬以降、「(自治体から)ほしいといわれた量が出せる体制になる予定だ」と述べ、ワクチンの供給不足は解消されるとの認識を示した。

 また、アレルギーなどが原因で接種できない人への差別や不利益が生じないよう、ガイドラインを策定する意向も表明した。厚生労働省と策定に向けて調整する。河野氏は「アレルギーでワクチンを打てない方がそれなりにいるのも事実だ。打っていない方を排除したり、不利益になったりすることは避けていただきたい」と呼びかけた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ