PR

ライフ ライフ

囲碁十段戦8日に第3局 芝野十段「目の前に集中」、許八段「時間配分に注意」

 囲碁タイトル戦「大和ハウス杯 第59期十段戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第3局が8日、長野県大町市の「ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」で行われる。初の十段奪取を狙う許家元(きょ・かげん)八段(23)が先勝した今シリーズは、防衛を目指す芝野虎丸十段(21)=王座=が第2局で考慮時間を3分の1近く残す早々の決着で制し、1勝1敗となっている。どちらが先に十段位へあと1勝とするか、重要な一局だ。

 芝野十段は5月開幕の本因坊戦七番勝負への挑戦も決めているが、「まずは目の前の十段戦の一局に集中したい」と語った。一方の許八段は「第2局は見損じがあったので、時間配分に気を付けて打ちたい」と話した。

 同市では2年ぶり27回目の開催。両対局者は7日、ホテル内の対局場を下見し、戦いに備えた。

 立会人は山城宏九段。持ち時間は各3時間。ウェブサイト「産経ニュース」では8日午前9時半の開始から棋譜進行を中継し、対局動画を配信する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ