PR

ライフ ライフ

大阪の新型コロナ重症病床使用率、70・5%に

新型コロナウイルス対策本部会議で発言する大阪府の吉村洋文知事=7日午後、大阪市中央区(寺口純平撮影)
新型コロナウイルス対策本部会議で発言する大阪府の吉村洋文知事=7日午後、大阪市中央区(寺口純平撮影)

 大阪府の吉村洋文知事は7日に出演した民放番組で、同日時点の新型コロナウイルスの重症者が158人に上り、確保している重症病床(224床)の使用率が70・5%に達したと明らかにした。自粛要請の独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す赤信号を点灯させる基準「重症病床の使用率が70%以上」を満たした。

 府はこの日午後に開いた新型コロナ対策本部会議で、感染急拡大に伴い重症病床が逼迫(ひっぱく)しているとして、赤信号を点灯させることを決めている。吉村氏は番組で、府内の重症者について「(確保病床の)224床を超える(オーバーフローとなる)可能性は高い」と述べ、危機感を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ