PR

ライフ ライフ

【就活リサーチ】女子学生は「定年まで働きたい」が半数超

その他の写真を見る(1/2枚)

 「女性活躍推進法」が平成28年4月に全面施行されてから、はや5年。この間、女性が長く働ける制度や環境づくりに取り組む企業が増えました。残念ながら令和2(2020)年までに管理職における女性の割合を30%にするとの政府目標「2030(にいまるさんまる)」は達成されませんでしたが、女性活躍への機運は高まるばかりです。

 そんな時代に新たに就業する女子学生は、働き方にどんな将来像を描いているのでしょうか。

 今年2~3月、大学や大学院の卒業を間近に控えた女子学生に、これから入社する企業にどれくらい勤める予定かを尋ねたところ、「定年まで働きたい」が過半数(52・8%)を占めました。

 それ以外の学生も、約7割が自身の退職理由は「転職」になるだろうと予想していて、仕事自体は続ける想定でした。一方、結婚や出産を機に退職予定という人の割合は年々下がり、今回の調査では全体の1割程度でした。

働きやすさに着目

 このように結婚・出産後も働き続ける意識が定着してきたことで、女子学生の企業研究にも、変化が出てきました。企業のどんな特徴を意識したり、調べたりしたのかを複数回答で尋ねると、在宅勤務やフレックスといった「多様な働き方の制度」が最多で62・6%に。2年前より約20ポイント増となりました。「育児休業の取得率」も関心が高く、長く働ける企業を探す様子がうかがえます。「女性が働きやすい環境があると分かるだけで、企業への信頼度が高まった」と話す学生もいました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ