PR

ライフ ライフ

千葉・熊谷知事、新型コロナ対策で飲食店の認証制度を導入へ

新型コロナ対策の本部会議で挨拶する千葉県の熊谷俊人知事(右)=6日、県庁(小野晋史撮影)
新型コロナ対策の本部会議で挨拶する千葉県の熊谷俊人知事(右)=6日、県庁(小野晋史撮影)

 5日に就任した千葉県の熊谷俊人知事は6日、就任後初となる県の新型コロナウイルス対策本部会議に臨んだ。冒頭、「最優先で全庁を挙げて取り組みたい」と強調。今後の対応として、感染防止対策を徹底した飲食店への認証制度の導入や、保健所を独自に持つ市への会議への出席要請などを指示した。

 熊谷知事は県内の感染状況について「緊急事態宣言の解除や、年度末を挟んだ動きの影響が出るのはこれから。いつ感染が再拡大してもおかしくない」と指摘。感染拡大の防止や医療提供体制の整備、事業者への支援などに力を入れる姿勢を示した。

 飲食店への認証制度は感染拡大の防止が目的。協力金の支払いを伴った営業時間の短縮(時短)とは異なり、必要な対策を施した飲食店を県が認証し、時短の緩和を認めることなどを想定している。導入時期は未定で、千葉市をモデル市に指定し、先行的に実施するなど、段階的な導入を目指す。

 熊谷知事は厳しい財政状況や大型店にとっては不十分な協力金の金額を念頭に、「一律の時間制限による協力金の支払いを今後も続けるのは難しい。長期的にはメリハリの利いた制度設計が必要だ」と話した。

 このほか、県と市町村の緊密な連携に向け、独自の保健所を持つ千葉、船橋、柏各市をはじめ市長会や町村会の関係者に対策本部会議への出席を要請。熊谷知事は選挙戦で、各市との合同対策本部の設置を公約に掲げていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ