PR

ライフ ライフ

感染対策認証「山梨モデル」広がる 千葉、滋賀が導入へ

山梨県からグリーン・ゾーン認証を受けた施設に貼られるステッカー(渡辺浩撮影)
山梨県からグリーン・ゾーン認証を受けた施設に貼られるステッカー(渡辺浩撮影)

 新型コロナウイルス感染対策を徹底した飲食店や宿泊施設に山梨県がお墨付きを与えるグリーン・ゾーン認証制度について、千葉、滋賀両県の知事が6日、参考にして制度を導入すると明らかにした。「山梨モデル」が広がりを見せそうだ。

 千葉県の熊谷俊人知事は県の対策本部会議後、記者団に対し、山梨の制度を参考に、千葉市などモデルとなる市を指定した上で段階的に実施すると表明。

 「飲食店は店舗ごとに構造や対策の有無が違うのに時短要請は一律だ。これを今後も続けるのは難しく、めりはりの利いた対策を促したい」と述べた。

 滋賀県の三日月大造知事は記者会見で「滋賀県独自の認証制度を、山梨県を参考に早急に作るよう指示した」と述べた。

 山梨を参考にする理由について「休業要請、営業時間短縮要請や協力金だけに頼るやり方ではない、持続可能な仕組みとして可能性を見いだし得るのではないかと考える」と説明した。

 山梨県グリーン・ゾーン推進課によると、これまでに16道府県から制度の内容についての問い合わせがあったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ