PR

ライフ ライフ

小泉環境相、排出1位中国を牽制 「責任ある大国の行動を」 

小泉進次郎環境相(春名中撮影)
小泉進次郎環境相(春名中撮影)

 小泉進次郎環境相は6日午前の記者会見で、中国が温室効果ガス排出の実質ゼロを目指す時期を2060年に設定していることについて、「責任ある大国として、それでいいとは思わない。中国が経済の在り方、取り組みを変えなければ(地球温暖化防止の国際枠組み)『パリ協定』の成功はない」と強調した。

 中国は世界第1位の温室効果ガスの排出国で、全体の3割を占めている。欧米や日本は実質ゼロ目標の達成時期を50年としている。

 小泉氏は「気候変動対策の成否を分けるカギは中国の責任ある大国としての行動だ。これを一つの声として(先進国から)引き出していくのが日本の役割だ」とも述べた。3月30日に中国の黄潤秋・生態環境部長とオンラインで会談した際、中国側の気候変動対策の強化を要請したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ