PR

ライフ ライフ

仙台で変異株167件検出 2月以降「E484K」

 仙台市は、5日の市議会災害対策会議で、同市で新型コロナウイルスの感染を確認した患者の検体から「E484K」と呼ばれる変異株を2月中旬以降、167件検出したと明らかにした。E484Kは、一部のワクチンで効果を弱める可能性が指摘されている。

 市は、昨年6月~3月25日、計803件の検体を国立感染症研究所に送り検査。仙台市では、2月下旬以降、感染者数が急増しているが、担当者は「この型の知見が確立されておらず、変異株の増加が感染急増の一因かどうかは判断できない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ