PR

ライフ ライフ

骨粗鬆薬に脂肪肝炎抑制効果 久留米大医学部が発見

 非アルコール性脂肪性肝疾患にかかっている人は世界人口の25%に上るとされる。肝臓がんの要因として、これまで多かったウイルス性肝炎は治療薬の開発によって減少したのに対し、非アルコール性脂肪性肝疾患が原因の肝臓がんは今後10年間で2倍になるという予測もある。しかし、承認された治療薬は現在存在せず、食事療法による減量が唯一の治療法とされてきただけに、新薬の開発が急務となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ