PR

ライフ ライフ

北海道・北見のバーで集団感染

 北海道は5日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が新たにオホーツク地方・北見市のバーで発生したと発表した。感染者はいずれも20代で、従業員1人と客5人の計6人。道は濃厚接触者を特定できたとして、店名を非公表としている。

 道によると、この店では感染防止策がとられていたが、2時間を超えて客の飲食が行われていた。飲食時にマスクを外す場面もあったという。

 北海道では5日、再陽性1人を含む71人の感染が確認された。新たなクラスターは北見市のバーのほか、札幌市のサービス付き高齢者向け住宅や旭川市のカラオケスナックと飲食店でも発生が確認された。

 5日までの道内の死者は計754人、感染者は延べ2万1298人(実人数2万1239人)となった。5日午後6時半時点の患者数は852人で、このうち重症者は21人。

 5日の新規感染者は、札幌市46▽旭川市11▽函館市6▽石狩地方3(江別市1など)▽胆振(いぶり)地方1▽オホーツク地方2▽十勝地方1-の70人。このほか札幌市で再陽性1人が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ