PR

ライフ ライフ

外務報道官がコロナ感染 濃厚接触者なし

外務省
外務省

 外務省は5日、吉田朋之外務報道官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状は落ち着いており、自宅で療養している。保健所の調査で、他の職員らに濃厚接触者はいないと確認されたという。

 同省によると、吉田氏は3月29日午後に発熱したため医師と相談し、経過を観察することになった。4月2日には味覚異常を感じ、PCR検査を受けた結果、4日に陽性と判明した。

 その間、3月31日には定例記者会見を行ったが、マスクを着け、記者との距離を取るなど対策を強化したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ