PR

ライフ ライフ

ノーベル物理学賞の赤崎勇氏が死去 青色LED開発

ノーベル物理学賞を受賞し研究室のメンバーから花束を受け取る赤崎勇さん=名古屋市天白区の名城大学天白キャンパス(撮影・森本幸一)
ノーベル物理学賞を受賞し研究室のメンバーから花束を受け取る赤崎勇さん=名古屋市天白区の名城大学天白キャンパス(撮影・森本幸一)

 青色発光ダイオード(LED)の開発で平成26年にノーベル物理学賞を受賞した名城大終身教授の赤崎勇(あかさき・いさむ)氏が1日午前、肺炎のため名古屋市内の病院で死去した。92歳。葬儀は近親者のみで行う。

 赤崎氏は松下電器産業(現パナソニック)の研究者だった昭和48年、青色LEDの開発につながる窒化ガリウムの研究を開始。60年、困難とされていた高品質の結晶を作製することに成功し、これを基に青色LEDの技術基盤を平成元年に世界で初めて確立した。

 鹿児島県出身。京都大理学部を卒業後、松下電器産業東京研究所基礎研究室長。名古屋大教授、名城大教授などを歴任。16年、名古屋大特別教授。23年、文化勲章。

 青色LEDの登場で半導体光源の「光の三原色」がそろい、超高密度の光ディスクやスマートフォンのバックライトなどへの応用が加速。消費電力が少ない利点から、白熱灯や蛍光灯に代わる照明器具としても普及し、情報化や省エネ型社会の構築に貢献した。

 ノーベル賞は名古屋大の天野浩教授、米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授と共同で受賞した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ