PR

ライフ ライフ

北海道で2人死亡、57人感染

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川、函館の各市は2日、道内で新型コロナウイルスに感染した2人が死亡し、新たに57人の感染が確認されたと発表した。札幌市発表分の新規感染者は39人で、このうち16人の感染経路が分かっていない。

 道内の死者は計754人、感染者は延べ2万1108人(実人数2万1052人)となった。

 札幌市の変異株に感染した疑いのある感染者は2日、新たに17人が確認され、計289人となった。このうち60人が英国型の変異株と確定している。

 同市では高齢者を中心に変異株の感染が拡大。同市は変異株の疑いがある感染者を原則、入院措置としている。また、同市の重症患者数は前日より4人増えて21人となった。

 同市の担当者は「変異株の感染者の増加により入院患者が増えた。重症者も増えており、医療態勢に負荷がかかっている」と話している。

 2日に死亡が確認されたのは、札幌市の80代男性と道発表の年代や性別が非公表の1人。新たな感染者は、札幌市39▽旭川市5▽函館市3▽石狩地方3▽日高地方1▽オホーツク地方4▽十勝地方2-の57人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ