PR

ライフ ライフ

16港のコロナ対策に4.5億円支援 国交省、国際クルーズ再開備え

 国土交通省は1日、国際クルーズ船の受け入れ再開に備え、室蘭(北海道)、舞鶴(京都府)など16港を対象に、旅客ターミナルの改修費用などを自治体に補助すると発表した。補助額は計約4億5千万円。検温や換気に関する施設整備など新型コロナウイルス感染症対策に重点を置いた。

 清水港(静岡県)には旅客ターミナル施設に換気設備を整え、広島港では体温測定カメラや感染者らの隔離用テントを導入する。

 国による補助は経費の3分の1だが、感染症対策に限り本年度、2分の1に引き上げた。

 世界的な新型コロナ流行で、国際クルーズの受け入れを再開できる時期の見通しは立っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ