PR

ライフ ライフ

英語圏、日本文学に熱視線 「文芸ピープル」で活写

英ロンドンの地下鉄駅構内に張り出された『コンビニ人間』の広告(辛島デイヴィッドさん提供)
英ロンドンの地下鉄駅構内に張り出された『コンビニ人間』の広告(辛島デイヴィッドさん提供)

 日本の現代文学が最近、英語圏で続々と翻訳出版されている。女性作家への関心はとくに高く、海外の著名な文学賞に輝いた作品もある。作家で翻訳家の辛島デイヴィッド・早稲田大准教授(41)の新刊『文芸ピープル』(講談社)は、そんな躍進を支える翻訳者や編集者らに取材したルポ・エッセー。今、文芸出版の最前線で起こっている変化が見えてくる。(海老沢類)

 昨年の文学界は海外発の話題に事欠かなかった。小川洋子さんの『密やかな結晶』は英ブッカー国際賞の最終候補に。柳美里さんの『JR上野駅公園口』は米国を代表する全米図書賞(翻訳文学部門)を受けた。川上未映子さんや小山田浩子さんら第一線の女性作家の小説が相次ぎ英訳され、八木詠美さんの太宰治賞受賞作「空芯手帳」のように日本での刊行前に翻訳出版が決まる例も出てきた。

 「将来、世界における日本文学の軌跡を振り返るとき、2020年は一つのターニングポイントとして認識されると思う」と辛島さん。英国の文芸イベントを訪ねたり、コロナ禍の最中に各国の翻訳家にメールで取材したり…。文芸を愛する裏方たちの声を集めた本書からは、英語圏で日本文学の翻訳が盛んになってきた背景事情もうかがえる。

 社会が保守化する中で、人種や性別にとらわれない「多様な声」を読者に届けるべきだという意識が出版界で高まっている事実が大前提としてある。「一昨年のブッカー賞では、最終候補に白人男性による作品が含まれていないことが話題になった。『多様な声』を求める機運は文学賞の選考にも表れている」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ