PR

ライフ ライフ

札幌で変異株疑いクラスター発生

英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 札幌市は29日、新型コロナウイルスの変異株に感染した疑いのあるクラスター(感染者集団)が新たに通信販売会社の事業所で発生したと発表した。感染者はいずれも従業員の30~50代計6人で、このうち3人は変異株に感染した疑いが判明した。

 北海道では29日、新たに札幌市の24人と石狩地方の9人の英国型の変異株感染が確定した。札幌市では同日、変異株に感染したと疑われる感染者20人が新たに判明した。道内の変異株感染が疑われる感染者は計253人となった。

 また、北海道と札幌、旭川、函館の各市は29日、道内で新型コロナウイルスに感染した1人が死亡し、再陽性1人を含む46人の感染が確認されたと発表した。道内の死者は計744人、感染者は延べ2万862人(実人数2万806人)となった。29日午後6時時点の患者数は773人で、このうち重症者は15人。

 29日に死亡が確認されたのは、札幌市の80代男性。新たな感染者は、札幌市33▽旭川市1▽函館市2▽空知地方2▽石狩地方4▽胆振(いぶり)地方1▽東京都在住者1▽その他1-の45人。このほか札幌市で再陽性1人が確認された。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ