PR

ライフ ライフ

インフルワクチン持ち帰り子供に接種 看護師を懲戒処分

大阪市立総合医療センター、同市都島区(本社ヘリから)
大阪市立総合医療センター、同市都島区(本社ヘリから)

 大阪市民病院機構は29日、インフルエンザワクチン液の入った瓶を自宅に持ち帰り、医師の指示なく自身の子供に接種したなどとして、市立総合医療センターの女性看護師(45)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。管理監督責任として、センター看護部の課長も口頭注意とした。処分は同日付。

 同機構によると、女性は令和元年12月ごろ、インフルエンザの予防接種を担当していた際、使用済みの余ったインフルワクチン液の入った瓶を複数集め、注射器で抽出して2瓶に集約。3本の注射器などと一緒に自宅に持ち帰り、自身の子供3人に接種した。接種後の空き瓶や注射器は病院に持参し、医療廃棄物として処分した。

 看護師は同機構の聞き取りに対し、「余ったワクチン液は捨てるものなので、もったいないと思った」と話している。

 昨年12月に匿名の内部通報があり発覚。同機構は再発防止策として、余ったワクチン液の処分を単独ではなく、2人体制で行うよう運用を改めたという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ