PR

ライフ ライフ

芝野十段に想定外の厳しい一手 大和ハウス杯囲碁十段戦第2局

【囲碁・大和ハウス杯十段戦】「第59期十段戦五番勝負」第2局で、対局に臨む芝野虎丸十段(右)と許家元八段=24日午前、滋賀県長浜市の「ホテル&リゾーツ長浜」(渡辺恭晃撮影)
【囲碁・大和ハウス杯十段戦】「第59期十段戦五番勝負」第2局で、対局に臨む芝野虎丸十段(右)と許家元八段=24日午前、滋賀県長浜市の「ホテル&リゾーツ長浜」(渡辺恭晃撮影)

 囲碁のタイトル戦「大和ハウス杯 第59期十段戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第2局が24日、滋賀県長浜市の「ホテル&リゾーツ長浜」で始まった。今期は防衛がかかる芝野虎丸十段(21)=王座=に、初の十段奪取がかかる許家元(きょ・かげん)八段(23)が挑むシリーズ。第1局は形勢が揺れ動く中、訪れたチャンスを逃さなかった許八段が先勝している。

 日本棋院の小林覚理事長らが見守る中、午前9時半、立会人の坂口隆三九段が「時間になりました」と告げると、先(黒)番の芝野十段が右上星に着手、許八段は左下星に応じると、芝野十段が左下三々に入る最新形の立ち上がりになった。

 芝野十段が下辺に黒19と打ち込んでいったのが積極的な仕掛け。許八段が白20と反発し競り合いになった。白32コスミが力強い一着で、白50と中央に迫っていき、「形を整えた白のペース」と解説の結城聡九段。

 ただ、その後の芝野十段の黒57が控室にいるプロ棋士らの予想になかった一手で「(実際に)打たれてみると厳しい手。左下の一団を、白がどういう手順で眼形を作るかが午後の焦点になりそう」と結城九段は見立てる。

 持ち時間は各3時間、午前中は63手まで進み黒番の芝野十段が1時間12分、白の許八段が1時間18分消費。昼食に芝野十段は肉うどん、許八段はうな重を食べて午後の戦いに備えた。同日夜までに決着する見込み。

 同ホテル(名称変更前は長浜ロイヤルホテル)で囲碁七大タイトル戦が実施されるのは、平成25年10月の第39期天元戦第1局(井山裕太天元-秋山次郎九段)以来、約7年ぶり5度目。十段戦が滋賀県内で行われるのは、昭和47年1月の第10期五番勝負第1局(橋本宇太郎十段-坂田栄男九段)以来49年ぶり3度目のことだ。琵琶湖畔に立地するホテルでの対局を前に、両者は前日、「琵琶湖を見たのは初めて。広すぎて海みたい」と声をそろえていた。

大和ハウス杯十段戦特別記念対談「芝野虎丸十段×芳井敬一社長」

囲碁 ライブ中継中(Windows版のみ)手順のみ

囲碁 ライブ中継中(Windows版のみ)解説あり・瀬戸八段(SANKEI-EGG ver8.20以降)

囲碁 ライブ中継中(スマホ観戦ビューワ)

※初めてご利用の方は対局・観戦アプリ「SANKEI-EGG」をインストール(無料)してからご利用ください。

中継動画

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ