PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌舞伎俳優・中村獅童(48)(2)「萬屋の嫁」徹した母

前のニュース

「大宮八幡宮」(東京都杉並区)に祖母と母親に抱かれてお宮参り
「大宮八幡宮」(東京都杉並区)に祖母と母親に抱かれてお宮参り

 《初代中村獅童(当時の屋号は「播磨屋」)を廃業した父、小川三喜雄と母、陽子の長男として誕生。一人っ子で大切に育てられた》

 母の生家は京都・伏見に代々続く酒屋で、学校は同志社に通っていましたから、京都生まれの京都育ち。子供は女ばかりだったので、長女(跡取り)である母は決まり切った人生がいやになって、夢を求めて東京に出てきたようです。母は22歳のとき、父とお見合い結婚をしました。

 母は歌舞伎のことなんて何一つ知らなかったのに、姑(しゅうとめ)(三代目中村時蔵の妻、小川ひな)から「萬屋の嫁」として徹底的に仕込まれたようです。梨園(りえん)の奥さまたちって、歌舞伎俳優である夫や息子、そして一門を支える裏方に徹しないといけないんですよ。父は三男でしたが、長男は二代目中村歌昇(かしょう)、次男は四代目中村時蔵(ときぞう)で、その嫁たちが一門を支えていました。

 昔は毎年6月に東京・歌舞伎座で「萬屋興行」があったんですよ。祖母からごひいき筋や企業などにごあいさつ回りをするときは「あなたが運転しなさい」と言われ、母が一日中、車の運転をしていましたね。

 母はとにかく忙しくて、いちいち美容院に行く時間もないということで、「それなら自分で髪を結えるようにしよう」って美容師の資格まで取ってしまった。母はとにかく支度が早かった。着物の着付けから頭をセットするまで15分とか20分ぐらいで仕上げていた。嫁として喜んでもらおうと、調理師の資格も取ったほどです。あいさつ回りのときには、義理の母親のために手作りのお弁当も用意していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ