PR

ライフ ライフ

首相、東電「原発扱う資格に疑念持たれてもやむを得ない」

参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=19日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=19日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉首相は19日の参院予算委員会で、東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策の侵入検知設備が故障していた問題で「東電の組織の体質や原発を扱う資格にまで疑念を持たれてもやむを得ない」と述べた。

 首相は「東電の組織的な管理機能について抜本的な対策を講じる必要がある」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ